読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底なし沼へようこそ。

沼から抜け出せなくなった看護師の独り言。

拝啓 大倉忠義さま

 

 

久々に何もない休みだったので、部屋を掃除しがてら、山積みになったジャニーズ関連のグッズを整理した。

WESTを始め、Jr.、NEWS、JUMP…と色々ある中でも、ダントツで1番多いのはエイトのグッズ。今でもライブには足を運び続けているけれど、昔ほどの熱量はなくなってしまったのは事実で。

歴代の大倉の団扇や沢山の緑色のグッズを眺めながら、"こんなに好きだったんだなぁ"としみじみ思った。

 

同時に、"私、本当に降りたんだ"と思った。

 

そして、自分の中での区切りをつけるために担降りブログを書こうと思い立って、今に至ります。

 

 

 

あくまで自己満のため。私の備忘録。

 

 

 

ここからは個人的見解が多くなるので、Eighterさんは不快な気持ちになる可能性もあるかもしれません。悪しからず。

 

 

 

 

 

 

 

私がエイトにハマったのは約10年前。

 

JUMP結成により大好きだったYa-Ya-yahが自然消滅し、縋りついたNEWSがメンバーの不祥事連続で活動停止になり、私はどこに逃げれば良いんだろうと途方に暮れていた時に、後輩から『F.T.O』を借りた。

正直最初は、"面白いけど、歌もあんまり上手くないし、そんなにイケメンでもないなぁ"と思った。(全力で土下座)

"この中なら大倉くんがマシかなぁ"くらいにしか思っていなかった。(全力で土下座2回目)

 

47都道府県のツアーが決まったとき、父の実家がある新潟の知り合いに「チケットとりすぎちゃったから行ってみない?」と誘われ、休みだったし興味がないわけではなかったので行ってみることにした。

新潟の田舎ののどかな風景には少し不似合いなカラフルな服を着た人たちや、メンバーの写真で埋め尽くされた紙袋を持った人たちで溢れる中、アウェーだなぁと思いつつ、私は大倉の団扇、母はまるちゃんの団扇を持って会場に入った。

(母はパンフレットをぱらぱら見て"なんとなくこの京都の人が良いかな"とまるちゃんを選んだ)

 

 

 

ライブが終わった頃にはすっかり彼らの虜だった。

 

 

 

帰ってすぐ『ズッコケ大脱走』の初回限定盤を予約し、ファンクラブに入りたいと母に頼み込んで、ドキドキしながら振込用紙に"大倉忠義"と書いた。

You&Jの会員証が届いた時はそれはもう嬉しかった。

(会報がKAT-TUN特集だったのにはガックリだったけれど…)

 

ところで、なんで大倉だったのか。

ファンサを貰ったわけでもないし、なんなら真横を通過していったのはすばちゃんだったし、特別目立ってたわけでもない。MCはほぼ無言で、お兄ちゃんたちの話を聞いて端っこでムフフって笑ってるだけ。コントでは役的に良いとこ持ってくけど、めちゃくちゃにカッコつけてる感じもなし。

でも、ドラムの前に座ると豹変する。とにかくずっと楽しそうにニコニコしてる。そんなとこを"好きかも"と思った。

 

個性の強いメンバーの中で1人、素朴な彼を好きになった。

 

遠征こそしなかったけど、受験年以外は必ずライブに行った。CDもDVDもほぼ全部揃えた。TV番組も欠かさず見た。 

いつでも全力で、キラキラしてて、カッコよくて、お茶目で可愛い大倉が、本当に本当に大好きだった。ファンサなんていらない。そこに居てくれるだけで、見ていられるだけで幸せだった。

 

彼が連載で綴る文章もすごく好きだった。

まず、タイトルが意味不明。

(この頃はガラケーでスクショ機能なんて便利なものはないし、画面メモも制限があったから、私は気に入った日の記事をノートに書き写していた。それを見返してみた。)

 

らりるれろっくで69』

『ストーブの上に醤油と小皿』

『ジョニーデップさん』

『ん??』

 

いやいや、コッチが"ん??"だわ👐と言いたくなるようなラインナップ。中身も、ぽやーんとしてて、掴みどころがなくて、下ネタも平気でぶち込んでて…

でも、必ず最後に『8→1』って書いてあったり、ものすごく真面目な内容の時もあった。

『このコーナーの文章にはいつでも本音だし素直に向き合ってますよ』
こんな一文を綴っていたこともあった。素を見せてくれてるんだって、なんだか嬉しかった。

 

 

 

思い返すと小恥ずかしいくらいに大倉一筋なデレ甘期がしばらく続き、大学に入学した私は現相方と出会う。

 

彼女も同じ大倉担だったけど、大倉には厳しく、きみくんに甘い大倉担だった。"こういうとこが好き。でもこういうとこは嫌い。"ハッキリ言う彼女に最初はびっくりしたけど、そのさっぱり加減が好きでよく話をするようになり、ライブも一緒に行くようになった。

そしていつしか私も、"こういうとこはあまり好きじゃない。でも、そこも含めて大倉が好き。"という方向にシフトしていた気がする。

 

その頃大倉も、ドラマや舞台によく出るようになり、端っこで笑っているだけのポジションから、中心で目立つほうのカッコいいメンバーになっていた。続々と仕事が決まって嬉しい反面、ムフフの大倉が見られなくなってきたことに少し寂しさも感じていた。

でも、肝心なとこで決められないちょっと鈍臭いところや、バラエティ無視で弱音を吐くようなちょっと情けないところが、素の彼らしくて好きだった。連載の文章や、ライブでの彼のパフォーマンスも変わらなくて、"私はやっぱりこの人が好きだなぁ"と思えていた。この頃から、関西Jrにも興味を持ち始めていたけど、帰る所はやっぱりエイトで、1番は大倉だった。

Twitterを始めて、オタ垢を作って、同じ気持ちを共有できる友だちもできた。くだらない妄想をしてみたり、ライブ会場で会ったり、趣味が合うだけでこんなに仲良くなれるんだと、楽しくて仕方なかった。

 

 

 

大学4年生の冬、ジャニーズWESTのデビューが決まった。ひっそり関西Jrも応援し続けてたから、7人でのデビューが正式に発表された時はすごく嬉しかった。ちゃっかりCDを買い、 『ええじゃないか』のリリイベに行った私は、全くノーマークだった"中間淳太"という新たな沼に転がり落ちて帰ってくることになる。

 

雲行きが怪しくなってきたのは恐らくこの辺から。

 

純粋にエイトだけを好きなオタ友が多い中でWESTにもハマり始めている自分に、悪いことなんて何もしてないのになぜか引け目を感じるようになる。そんな私の態度が原因でギクシャクする友だちも出てきて、どうしたら良いか分からなくなってしまった。

そんな時に、パリピポで初めてちゃんとしたWESTのライブに行き、彼らのフレッシュだけど自信に満ち溢れたパフォーマンスに惚れ込み、尚且つ淳太くんにファンサを貰ってしまって、"自分の好きな人に見つけてもらえた"という初めての感覚に舞い上がり、一気に熱の入れ方が変わる。

 

少しずつ、でも着実に、私の1番が大倉から淳太くんに変わりつつあった。

 

程なくして、細かいことは忘れてしまったけど、エイト関連の仲良しだったグループの子たちと盛大に揉めた。 今思えば理由は小さなことだったと思う。でも、当時の私には耐えられなかった。私は彼女たちのグループからスーッと身を引いた。

 

同時に、エイトからも少し距離を置いた。私1人がいなくなっても彼らを応援してる人はもう沢山いるし、というのがひとつ。もうひとつは、彼らのEighterとの距離のとりかたに違和感を感じ始めてしまったこと。通称"エイトの日"にグローブ座で行われたイベントの応募資格がなんでファンクラブじゃなくてCD購入者全員なんだろうって思ったし、やけにEighterとの繋がりをアピールするような演出(ライブドキュメンタリーにオタクが映るとか)が増えたこともモヤモヤしかしていなかったから。大倉のキャラも、ちょっと鈍臭い情けないを通り越して、腹黒いずる賢い感じが表に出るようになってきて、"なんかちょっとなぁ…"と思っている自分がいた。

 

そして、大きな転機になった『元気が出るLIVE』

 

ライブは変わらず好きだったので、東京公演には当たり前のように行ったし、ライブ自体はやっぱり楽しかった。

ツアーオーラスの日。"大倉、腸閉塞で欠席"…そんな情報が回って来た。私は、大倉の心配をするよりも先に、彼のプロ意識を疑ってしまった。なんでそんなことになるの?と思ってしまった。さらに、6人だけのライブのレポが流れてくるのを見たり、オタクの様子を聞いたりして、ちょっと宗教みたいじゃない?なんて冷めた感情を抱いてしまった。もちろん、自分がその場にいた純粋なファンだったらそうは思わなかったかもしれないし、その人たちや彼らの行動をまるっきり否定するつもりもない。でも、とにかく私は一気に冷めてしまった。そんな風に思った自分も悲しかった。

何より悔しかったのは、後に大倉本人がこのことを笑いのネタにしていたこと。直後の連載では、ファンの人たちにも申し訳なかったと落ち込んだ様子で悔しそうに綴っていたのに、時を経て最終的にネタにしてしまうのかと、ガッカリした。笑い飛ばすつもりだったのかもしれないけど、"そんな程度だったのか"と、私は彼を許せなかった。

 

それでも降りるという結論は出せず、グループとしては好きだし、という考えでずるずるとライブには行き続けた。リサイタルも運良く当たり、2年とも自チケで入れた。でも、大倉を好きな気持ちは確実に薄れていった。"もう私が好きになった彼ではない"と思ってしまっていた。目で追うのは、大倉じゃなくてきみくんになっていた。

 

そして去年のリサイタル。アンコールの『無限大』で、気付いたら泣いていた。体調が万全でなかったこと、構成的に席がとんでもなく良くなかったこと、自分的に満足な内容じゃなかったこと…色々なことが重なっていたのもあるけれど、漠然と"もう降りるんだな"と思った自分がいた。

 

そして最終的に、"エイトは嫌いじゃないけど、もう大倉担は名乗らない" という結論に至った。反比例するように淳太くんの存在が大きくなっていたことも要因の1つだけど、DDで、好きな人は増えても誰も降りることはなかった私が、9年間ずっと好きだった人から離れようと決めた。

 

大倉を大好きだった頃をなかったことにするつもりはもちろんない。大倉を好きになったからこそ、相方とも出会えたし、仲良くなれた大好きな友だちも沢山いる。"まゆたんが大倉担じゃなくなると寂しいよ" なんて言ってくれる子もいた。嬉しかった。それに、相変わらずすばくら&よこくらにはめちゃくちゃ弱くて、2人といると無邪気な弟になる大倉を可愛いとも思う。ただ、トータル的に、前ほどの熱量がなくなったのと、大倉を担当と言えるほど好きではなくなっただけ。私みたいなのがいつまでも大倉担を引きずっていたら、純粋に彼を好きな人たちに申し訳ないから。

 

 

 

と言うわけで、あえてもうキッパリ言います。

 

 

 

私、大倉から降りました。

 

 

 

沢山の楽しい思い出をありがとう。

本当に本当に大好きでした。

これからもアナタらしく頑張ってね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな私ですが。

先日当落発表のあった『蜘蛛女のキス』

降りたと言いつつ、初の主演舞台だし、グローブ座だし、軽率に観てみたいと思った。本気で彼を好きな人たちに申し訳ないと思いつつ、"当たったら良いな"くらいの気持ちでフワッと申し込んだ結果、当選。

 

当たらなかった人も少なくないのにごめんなさいと思うけど、"降りたこと後悔させたるからいっぺん観に来てみ?"とでも言われてるのかな、なんてお天気野郎な考えに至ったので、せっかくだし楽しんで来ようと思います😌

 

 

 

惚れ直させてみる?

いざ、勝負。


f:id:jwst:20170422051119j:image

(思い返してもこの頃の彼が1番好き)

私が今朝見た夢の話を聞いてください

 

久々に発熱するまで体調を崩し、3年目にして初の欠勤をした私に、神様はとんでもなく糖度の高い夢をプレゼントしてくれました。

 

 

 

お相手はもちろん(б∀б)

 

 

 

 

…ではなく、


f:id:jwst:20170112142012j:image

( '>ェ・`)b☆

 

 

 

 

さぁここからは私の夢の中でのお話です。

(б∀б)お前…中間担ちゃうん…浮気やん…

なんて苦情は一切受け付けておりませんので悪しからず。(淳太くんごめんよ)

 

 

 

 

 

 ーー舞台はロケバスのような広い車の車内。

 

相当疲れる仕事をしてきた後だったんでしょう、車内全員爆睡。(但し、メンバーが全員いたかは不明。淳太くんは確実に私の後ろの席にいた←)

自分がどういうポジションにいたのかは分かんないんだけど、私もメンバー同様に寝てまして。

 

お隣にいたのが('・ェ・`)

彼だけは少し前に起きてたみたいで、すでにシートも起こして、進行方向をみてぽけーっとしてて。

その横顔が、抜群にかわいい(知ってた)

 

 

 

ふと、すぐ近くに無防備に開いたままの望ちゃんの掌があることに気づいた私。

 

 

何を思ったのか、その掌の上にさり気なく自分の手を乗っけました。(ごめんなさい)

 

 

 

ぴくっとして、自分の左手をチラリと見る望ちゃん。

狸寝入りで、薄目で様子をうかがう私。

 

 

次の瞬間、ムフって嬉しそうに笑って、やわやわと私の手を握る彼。

 

 

 

えっ、好き。

(軽率)

 

 

 

思わず笑みを隠せなくなる私。

当然、望ちゃんも私が寝たフリなのに気付くわけで。

起きてるやん、って言いたそうに照れ笑い。

 

 

 

 

 

…ダメだここまでですでに糖度高すぎて溶けそう(ゼェハァ)

                                                                 まゆさん頑張れ!!('・ェ・`|

……分かった頑張る

                                                                         単純ワロタ(^ヮ^=|

 

 

 

 

 

やわやわ握ってたのをふとやめて、私の手をグーにさせると、手の甲に何やら指で文字を書きはじめた望ちゃん。

目を瞑ったまま、解読に専念する私。

 

 

 

"す  き "

 

 

 

…え?

 

 

 

"ま ゆ さ ん す き "

 

 

 

えええええナニソレえええええ(悶)

 

 

 

待って、手の甲に、指で、"すき"って、文字書いて、えっ、なにその告白、ピュアすぎない????

しかも、私が何も言わないから、何回も何回もゆっくり書いて、えっ、可愛すぎない??ピュアすぎない????(2回目)

 

 

 

でも夢の中の私は、ちょっと上手でした。余裕でした。

 

そんな望ちゃんの手を1回スッとすり抜けて、え…ってちょっと悲しそうな顔した瞬間に、また左手を掴まえて、ぎゅうって握りしめる。(ちなみに恋人つなぎってやつ)(私っょぃ)

 

 

 

キョトン顔の望ちゃん。

…あれ?え、泣きそう…?泣く…?泣いちゃう…?

 

 
f:id:jwst:20170112184255j:image

 

泣いちゃったよおおおおお

ピュアすぎいいいいい(3回目)

※ここまでの号泣ではありません

 

 

 

「もぉ、アカンのかと思ったぁ…😭」

ごめんごめんって笑う私を、苦しいくらいにむぎゅうって抱き締めてグズグズ泣くBBたん。

どこまでも余裕な(夢の中の)私は、可愛いなぁ愛おしいなぁでもやっぱガタイ良いなぁ男の子だなぁなんてニヤニヤしながら抱きしめ返す。

 

『かわい。(ほっぺムニ)』

「可愛くなぁい!笑」

『泣きすぎ。笑』

「鼻グズグズや。笑」

『私は風邪でグズグズ。笑』←ココだけ現実の私と一緒

「ほんまやん。笑」

 

いつまでも優勢な私でしたが、望ちゃんもやられっぱなしは気に食わなかったのでしょう。

突然ヒョイッと私を抱きかかえ、膝の上、すっぽり腕の中。

ラッコ座りってやつ。

幸せすぎてニマニマする私に一撃。

 

 

 

「もぉ、かーわいっ♡」

 

 

 

 

 

望ちゃんのほうが可愛いよおおおおお(地団駄)

 

 

 

 

 

と、ここで夢は終わるわけです。

起きた私、盛大にニヤけてました。キモチワルイ。

でも、幸せ♡ちょっと元気出た♡(単純)

 

 

 

ところで、こんだけ望ちゃんといちゃいちゃキャッキャしてて、なぜ車内のメンバーは誰1人として起きなかったのか。

ま、邪魔されなくてよかったけど♪←

 

 

 

たまにはこんなご褒美も良いものですね。

ありがとう、望ちゃん⁽⁽ଘ(∩'・ェ・`)⊃━☆゚.*・。゚

オタクナースプレゼンツ〜もしもジャニーズWESTがレジデントだったら〜

 

 

 

ずっとこのネタで書きたいと思ってたらともちゃんに先越されたよね、やられた( ^ω^ )

 

 

 

めげずに私も書きます。

きっとオタクな看護師なら誰もが一度は妄想したことがあるはず…💓

 

 

 

 

 

 

 

 

もしもジャニーズWESTがレジデントだったら!

 

 

 

 

 

 

 

 

まずレジデントってなんやねんって話から。

 

 

 

 

 

昔、NEWSのまっすーの出てたドラマに

レジデント〜5人の研修医〜』なんてのがありましたが。

 

 

レジデント=研修医

まさにタイトルそのままです(笑)

 

 

レジの先生たちは、だいたい10週ごとに色々な科をまわって修行してて、2・3年で研修期間を終え、やっとこさ1人前になります。

(各科を回る期間は恐らく病院ごとに違う)

 

 

研修医なのでもちろん歳は近い人がほとんどだし、何かあった時に連絡するのも基本的にベテラン先生じゃなくてレジの先生なので、必然的に話しやすくなる。

看護師からすると、より身近なお医者さん、って感じのポジションなのです。

 

 

 

 

 

 

そんな訳で、関わることが多いぶん、良い妄想のネタになるのよね、ふふ。

(真面目に仕事しろって苦情は受け付けてません)

 

 

 

 

 

 

というわけで、本題。

 

ちなみに私は小児病院勤務なので、科を問わずみんな小児科医ね!!

 

 

 

 

 

 

①重岡先生 (^ヮ^=)

 

あの先生テキトーだよねって言われる先生ナンバーワン。

ふら〜っと来て、さら〜っと診察して、後であれ頼もう…とか思ってるともうすでにいなくなってる。

そうかと思いきや、前の科で診てた子のベッドサイドで楽しそうにお喋りしてたりする。

 

(^ヮ^=)元気そうやん!なにしてんの?

(^ヮ^=)そう言えばさ、この前さ…

 

あのね、先生、〇〇ちゃん宿題してるから。

邪魔しないでお願い。

 

ってかそんなことしてないで処方出して。

 

(^ヮ^=)あ、はーい、すんませーん

 

…うん、絶対聞いてない

(案の定忘れててまた電話する)

 

とは言え、えくぼが可愛いのでなんだかんだ本気では嫌われない。

 

当直明けの顔が死んでると話題に。

 

 

 

②桐山先生(´◇`)

 

優しいし面白いので、子どもからの人気がめちゃくちゃ高い。人当たりも良くて、ママ人気も上々。

 

処置を嫌がる子にもとことん付き合ってくれるので、先生に任せれば大丈夫的なとこがある。眉毛ハの字にして説得し続けてくれる。

 

(´◇`)そやなぁ、痛いのやりたくないよぁ

(´◇`)先生もホンマはやりたくないんやで?でも、〇〇ちゃんが元気になるためには大事なことやねん。だから頑張ろ?な?

 

ありがとう先生わたしたちも頑張ります!

 

ちゃんとできたらめちゃくちゃ褒めてくれるので子どもも嬉しい。絆創膏にお絵描きなんかもくれる。子どもゴコロ掴みまくり。

 

ただし、上の先生に怒られると分かりやすく落ち込んでる。ハァ…って大きいため息つきながらパソコン打ってる。

頑張れ先生。負けるな先生。

 

(´◇`)当直やと変な時間に食べるから太ってまうわ〜

ってのが口ぐせ。

 

 

 

③中間先生(б∀б)

機嫌を損ねたくない先生ダントツ1位。

真面目にテキパキ仕事をこなす。末梢も採血もほぼ絶対一発でとる。無駄は嫌い。相談にはのってくれるし基本的にちゃんと対応してくれるけど、同じような問い合わせ何回もすると、めっちゃ苦笑いされる。

 

(б∀б)はぁ…それさっきも言いましたけど

 

はいどうもすいませんでしたなんでもありません

 

よく頭わしゃわしゃしながら「でもなー…あれはナントカだしなー…」って独り言ぶつぶつ言ってるけど、言ってることが難しすぎてよく分かんないからスルーされがち。

 

飲み会は好き。飲み会の時は陽気。

 

 

 

④神山先生(`-´ )

真面目で熱心なThe研修医。マイポシェットに入ってるマイノートにはベテラン先生のお言葉がびっしり。たまにそれをその辺に忘れてて、慌てて取りに戻ってくるのが可愛い。

 

基本的に穏やかに丁寧に対応してくれる。居て欲しいときにタイミング良く病棟にいる。処方もササッと出してくれる。常に先回りしてくれてるので大変ありがたい。

 

(`-´ )そろそろやります?

(`-´ )なんかいります?

 

あざーーーっす!たすかりまーーーっす!

 

ついつい、担当以外の子の処方依頼もしちゃう。

 

その科の期間が終わっても、思い入れのある子のとこにはしょっちゅう顔出しにくる。訪室すると、椅子に座って子どもとお喋りしてたりするので、こっちとしてはちょっとびっくりする 。ママたちからも「神山先生また来てくれました。でも今もう違いますよねw」ってタレコミがある。

 

靴下が奇抜。

 

 

 

⑤藤井先生(ノノ_☆)

口数少なくて、一見ボーッとしてて聞いてないようで、実は頭の中ではめっちゃ色々考えて分析している藤井先生。

診療録はベテランの先生なみに英語だらけなので、正直読みづらい。

 

看護師とはそんなに話さないけど、元気そうにしてる子どもの姿を見て、満足そうにふふって微笑んでる横顔が眩しい。

 

(ノノ_☆)…んふ

 

看護師たちの目の保養です、ありがたや。

 

そして何より、当直帯で呼びたくないけど呼びたい先生ナンバーワン。

 

スクラブ着崩れてて髪の毛ボッサボサで頭ガシガシしながら寝起きですって顔してかったるそうに歩いてくる姿がもうたまらなくセクシー(ここまで一息)

 

ただし機嫌はめちゃくちゃ悪いので急用でない限り電話する時間は考えなきゃいけない…

 

白衣は着ない派。

 

 

 

⑥濵田先生(θヮθ)

みんな大好き濵田先生。

子どもたちにも「あ、濵ちゃん!」って呼ばれる距離の近さ。親からの評判も良し。

どの科に行っても上の先生に可愛がられるし看護師からの人気も高い。

 

なぜならヨイショがとても上手い。

 

(θヮθ)そうっすよね〜、さすが先生!

(θヮθ)〇〇さん、髪の毛染めました?いい感じじゃないっすか〜!

 

何でも頼みやすいので当直でも歓迎される。ちょっと覗きに来ただけなのに体交とか手伝わされる。それでも嫌な顔1つしないのでさらにポイントが上がっていく。

 

ただし、そんな先生でも疲れてたり落ち込んでることはあるので、気付いてあげるとものすごーく喜ぶし感謝される。

 

(θヮθ)5西は良い病棟だなぁ…

 

そんな一言でまたポイントアップ。敵なし。

 

採血はちょっと苦手。

 

 

 

⑦小瀧先生('・ェ・`)

「今年めっちゃイケメンな先生いない?」

「いる!イケメンだけどなんか可愛い!」

そう噂されるピッチピチのレジ1年目。

 

 まだ色々と勝手が分かってないので、看護師にも遠慮なく質問しまくる。そんなんも聞いちゃう?ってことも聞いちゃう。

 

('・ェ・`)あの、これどーやるんでしたっけ…

('・ェ・`)あー!なるほど!そっか!ありがとうございます!

 

 可愛いね可愛いね頑張って小瀧センセ(涙)

 

お局さま的なベテランナースもついつい目尻が下がっちゃう可愛さ。しょうがないなぁ…って言わせちゃうあざとさ。罪深い。

ナースステーションで寝落ちしてても、タオルケット掛けてもらえちゃう甘やかされっぷり。

 

子どもと戯れてる姿はただの癒し。マイナスイオンしか出てない。大人気なく本気で一緒にゲームしてる。大抵負ける。

 

たまに寝不足でコンタクトが入らなくて眼鏡。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あーーーーー!!

こんな先生たちいないかなーーー!!

来年入ってこないかなーーー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、うちの病院で「研修医ゲット♡」なんて甘い夢は見れませんでした!

良い先生はことごとく既婚者!残念!!

手始めに、ジャニオタばとんやってみた

 

文才ないくせにはてブロやりたくて、でもなかなかきっかけがなくて。

そしたらコイツを見つけました。

最近お友だちになった人も多いので、自己紹介がてら私のオタク歴をつらつら並べてみようと思います。

 

 

 

ばとんなんてmi○i以来(笑)

とりあえず、れっつらごー

 

 

 

⏩じゃにーずおたく自己紹介ばとん

 

【名前】まゆさん

 

【今の担当は?(複数可)(推しでもどうぞ!)】
名前:中間淳太京本大我、髙木雄也、小山慶一郎

 

①淳太くん
・好きなところ:王子様スマイル、スラッと長い脚、甘い歌声、へっぽこダンス、ジャス民への重すぎる愛、真面目すぎるとこ、素直すぎるとこ…人間臭くて何事にも真っ直ぐな淳太くんの全てが愛おしい。
・担当になったきっかけ:ええじゃないかリリイベにて、最後のハイタッチの時に、1番手前で視線合わせてニコニコしながらハイタッチしてくれた淳太くんの王子様スマイルに、一瞬にして堕ちました。人生初の一目惚れ。おかげで本命だったはずのりゅせさんの記憶がほとんどありません。

 

②大我ちゃん

・好きなところ:美しすぎるビジュアル、透き通った歌声、好きな人に対してはとことんわがまま姫なとこ、努力家なとこ

・担当になったきっかけ:元々なんとなく好きではあったんだけど、去年のエリザベートで、初の本格ミュージカルにも関わらず堂々と舞台に立つ大我ちゃんの姿に感動。終わる頃にはすっかり惚れ込んでました。可愛すぎる。養いたい。

 

③ゆーや

・好きなところ:美しい切れ目、抜群のスタイル、艶っぽい歌声、低音ハスキーボイス、見た目と中身のギャップ

・担当になったきっかけ:J.J.Expressの頃からゆるっと好きだったけど、本格的に出戻ったのはここ数年。ある時ふとバカレアの画像を見てやっぱ格好いいなぁって思ったとこから、ライブDVDを見せられたらあっという間に自担の仲間入り。ちょろい。

 

④けーちゃん

・好きなところ:メンバーへの愛、ファンへの愛、滲み出る人の良さと優しさ…まさしくリア恋枠。結婚したい。

・担当になったきっかけ:6人時代、活動休止期間を経てカウコンで再始動ってなったときに、嬉しくてマネージャーと泣いちゃったって連載に書いてあったのを読んで、あぁこの人に着いて行こう、って思いました。ゆるゆる担当を続けてきたけど、えいとに冷めた反動でにゅす熱が再燃してます。

 

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

中2ぐらいの時でしょうか…当時の 朝ドラの『てるてる家族』を見てた私。ある日、雑貨屋さんのアイドルコーナーで「こんなとこに和ちゃんがいる!」と、若かりしりょちゃんを発見。そこで初めて"ジャニーズ事務所"というものを認知しました。SMAPとかKinKi Kidsとかめっちゃ聴いて育ったのに、大元は知らなかったのです。んで、母上にMyojoを買ってもらい、気付いたらのめり込んでいた感じ。

 

知ってる。

当時からちょろい。

 

【担当遍歴】

鮎川太陽(Ya-Ya-yah)

   ↓

手越祐也からの小山慶一郎(NEWS)

   ↓

大倉忠義(関ジャニ∞)

   ↓

中間淳太(ジャニーズWEST) 掛け持ち

   ↓

髙木雄也(Hey! Say! JUMP) さらに掛け持ち

   ↓

京本大我(SixTONES) さらにさらに掛け持ち

 

自担は増える一方。DDばんざい。

初めて降りたのは、1番長く好きだったはずの大倉でした。なんでだろう。

 

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

◎ばど(淳太くん×あっくん)

この2人については私が語るまででもないでしょう。とりあえず、尊い。お互いを補い合える真のシンメ。普段ベタベタするわけじゃないのに、突然"俺しか知らない相方"感出してくるからたまらない。ばどよ、永遠に。

 

◎きょもほく(大我ちゃん×ほっくん)

ビジネス不仲を押し出してくる2人だけど、ファンはみんな思ってます。嘘つけ!!不仲な2人がステージ上でちゅーしそうになるなんてあり得ません。堂々といちゃいちゃなさい。

 

◎ありたか(ゆーや×大ちゃん)

ラジオの時のゆるっとした絡みがほんとに好き。地元のツレ感。歳下の大ちゃんが「髙木」って呼んで歳上のゆーやが「有岡くん」って呼ぶ関係性が尊い。他のコンビに埋もれがちだけど、私はありたかを推していきます…!

 

【1番心に残ってる現場】

 うぇー、選べないなぁ…

ただ、悪い意味で心に残ってるのは、ダントツで関ジャニズムでしょうね( ^ω^ )黒歴史

 

【初めて行った現場】

2007年 東京Jrのあけおめコン@武道館

太陽とゆーやの団扇を買いました💓

席は超悪かったけど、初めてでどきどきわくわくして楽しかった!

 

【最近行った現場】

斗真と神ちゃんのVBBが1番最近。

その他に8月は、えいとのリサイタル(埼玉)と、すととられんのサマステ(25日)に行きました( ´ω` )/

 

【次行く現場】

少年たち!

去年と全く同じ席に入れるという奇跡。

その日のために日々働いています。

 

【記憶に残ってるファンサ】

パリピポin横アリにて。

アリーナ17列目、決して近くないし角度的にも埋もれてるだろうなぁって席。アンコールの『バンバンッ!』の時に、"淳太くん"って団扇を握りしめてひたすら前の花道にいる淳太くんを見つめていた私。

 

「Are you ready?Say!BaBaBaBaBaBaBa---n!」

 

…ん?

…今、こっち見て撃った?

 

状況がよく分からない私、とりあえず団扇を振って笑い返しておく。

ライブ終了後、一緒に入ってた妹に確認してみたら「あれきっとそうだよ!」と。確かに、周りに中間担いなくて、あの瞬間にきゃー!ってなってる人たちもいなくて。

 

私だったんだ!!!!

 

初めての自担からのファンサだったもんで、じわじわ幸せに浸ったのでした(*´ー`*)

 

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

1)100% I Love You/ジャニーズWEST

とにかく可愛い!!全員に可愛いポイントがあって、初めて聴いた時から全然飽きが来ない!!早くライブでやって欲しい!!

 

2)モノグラム/関ジャニ∞

イントロを聴くとあの頃のえいとを大好きだった気持ちがふわーっと湧いてきて、幸せだなぁってなる。あのショートムービーも好きだし、あのライブも歴代1位くらい好きだった。

 

3)この星のHIKARI/SixTONES

オリジナル曲は欠かせないよね!!キラキラしたアイドルソング。きょもジェの美声がたまりません。

 

【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

1)キミコイ/ジャニーズWEST

これはね!もうひたすら可愛い!全体的にミュージカル調で、世界観がほんとに可愛い。白いバラを愛おしそうに見つめて踊るメンバーたちにキュンとする🌹

 

2)For now and Foever/ジャニーズWEST

曲はもちろんなんだけど、ダンス有りきで好きかなぁ。淳太くんが最高可愛い。

 

3)Be Crazy/SixTONES

間奏のばきゅんばきゅん。ひたすらそこ。ちなみにあの時だけはしんたろ担。←

 

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

 アカンLOVEとか、粉もんとか、ジパングとか、みんなで踊れる定番ソングをガツガツ踊りたい!楽しそう!

 

 

【1番好きなペンライト】

∞UPPERESのペンライト

 

【1番好きな衣装】

WEST→きみメロの青い衣装

すとんず→この星の〜の銀スーツ

えいと→∞UPPERESの虹色の衣装

 

NEWSとJUMPの衣装はそこまで詳しくない…

 

【よく買う雑誌】

 ポポロ様々。

1番盛り沢山だと思う。

 

【この映像は見て欲しい!というオススメ】

ライブ映像だったら、えいとのパッチは絶対にオススメする。あの統一された世界観が本当に好きだしクオリティ高いなぁって思う。

 

うぇすとちゃんのパリピポもオススメ!ファーストライブとは思えない出来栄え。下積みが長かった彼らだからこそここまでのものが作れるんだろうなぁと思う!

 

すとんずは少クラのスペシャダンスナンバー、通称ドロスト。すとんずの魅力が全部詰まってる。これを見たとき、彼らのデビューを確信しました。(まだや)

 

【ジャニヲタになる前の趣味は?】

これといった趣味はなかったなぁ…

だからここまでハマったんでしょう(笑)

でも、ミュージカルは部活の影響で同じくらいからハマってます!

 

【最近気になっている子】

中村海人(TravisJapan)

サマステで、初っ端に満面の笑顔爆弾投下されてちゅどんと被曝。何あの子めっちゃ可愛い。

 

【最後に一言!】

 

長いね。そして読みづらい。

 

でもこれが今の私です (^q^)

こんな奴なんだって、分かったかしら…?

これからもDD極めていくと思いますが、どうぞ温かく見守ってくださいな💓