底なし沼へようこそ。

沼から抜け出せなくなった看護師の独り言。

あの日の備忘録

 

 

2018年3月26日

Jr祭り2018 @ 横浜アリーナ

SixTONES単独公演

f:id:jwst:20180331001001j:image

 

 

 

"SixTONESにEXは狭すぎる"

 

そう強く感じた去年のキントレ単独から半年以上。

 

 

 

念願の、でもたった1回の単独公演。

 

とにかく楽しくて胸が震えた2時間15分。

 

 

 

あの時間を、空間を、感じたことをどうしても忘れたくなくて、色んな人のレポを読んでは記憶を繋ぎ止めていたけど、やっぱり自分の言葉でも残しておきたいと思って。

 

だから、安定に語彙力ないけど、自分用の備忘録としてこのブログを残します。

 

セトリ順にしようかとも思ったんだけど、見てたとこ見てなかったとこの差が激しくて記憶が所々曖昧なのと、同じ言葉しか使えない語彙力のなさが邪魔をするので、メンバーごとに感じたことを書いてみることにします。

 

 

 

ジェシー🦓

優しく丁寧に音を紡ぎ、力強く全身で踊り、あの空間にいれる喜びを爆発させながらパフォーマンスしていたジェシーちゃん。

MCやコントでのおふざけ具合もいつも以上で、あの笑顔とアリーナに響くホットドッグ好きそうな笑い声は、私たちも幸せな気持ちにさせてくれました。

突然始まった童謡『赤とんぼ』、他のメンバーの可愛いアクションに夢中で歌うことを放棄したオンナたちに「え、みんな歌ってくれないの…?」って寂しそうに呟いたジェシーちゃんはBest of KAWAIIでした。ごめんねジェシーちゃん。

耳栓ネタやいたの?って自分の持ちネタを余すことなく全部やってたのはさすが。抜かりない。

ソロコーナーは本当に圧巻だった。

言葉を1つ1つ噛みしめるように、そして1音1音の音を大切に歌っていて、ジェシーちゃんの音楽への愛を強く感じました。

私たちにも「愛してます」なんてストレートに伝えてくれて、でもちょっぴり照れちゃうのがジェシーちゃんの可愛いところ。

「皆さんのおかげでここに立てています。それは事実です。」この言葉が最高に嬉しかった。

そして最後の「オレたちが〜?」ってC&Rを、マイクを通さず生の声で届けてくれたのもすごく嬉しかった。

LOVE JUICEで大我ちゃんとネクタイプレイしてる時の妖艶なお顔も、Amazing!!!!!!でほくぴバックハグしてドヤってるお顔も最高でした。

 

しかし、Amazing!!!!!!の衣装になると相変わらず脚長ぇ。8割脚。ほぼ脚。

 

優吾🦔

やっぱり優吾はSixTONESマイナスイオン

優しいみんなのお兄ちゃん。

ソロの旅は続くよは優吾らしさ爆発しててめちゃくちゃ可愛かった!!!!

メンバーと順番に絡んでく演出が最高にエモい可愛い。

らぶじゅ超キメキメsexyで終わったのにMC始まって恥ずかしくて慌ててやったからなのか盛大にボタン掛け違えてる優吾はまじ愛おしいの塊…こちぃ…

f:id:jwst:20180415013522j:image

黒ーんずでは武器用意してもらえなくて咄嗟にぶれそーの如来棒持ってきてオンナ巻き込んで「ぶれいっ!!そーっ!!」って軍神のボケをかましたのに5人全員にスルーされる不憫さも愛おしいの塊…黒こちぃ…

そのくせ、みんな大好きAmazing!!!!!!の「愛が欲しけりゃ 任せろLOVE」では15000人のオンナたちをまとめて抱く罪な男。

アンコールで斜め前の方にいた誰かに満面の笑顔でラババンほいってあげてる姿には変な声出た優吾結婚して。

 

ただね優吾、横アリはアリーナとスタンドだけじゃないんだな。センター席ってもんがあるんだな。次までに覚えてきてね?

 

樹ちゃん🦁

はい爆モテ〜〜〜!!!!

インストでの腰のグラインドがどエロすぎて自担でもないのに悲鳴上げたのはこの私。

そのくせママ大好きだもんね!!!!公開告白ごちそーさまです!!!!可愛いよ!!!!

んでもって毎回思うけど樹ちゃんほんとにいつもありがとうだよ…猛獣たちのお世話大変だよねそうだよね…

でも「歳下2人はしゃぎすぎ!w」って末ズを叱りながらも終始楽しそうにニコニコしてる樹ちゃんに胸キュンでした。

すとTube撮る前に大事だから練習しよって言って自分がSixTONESの名前噛んじゃう樹ちゃんもはちゃめちゃに愛おしかった。

あとね、オンナたちに話振っといて、みんながワーッて返すと「何言ってるか全然分かんねw」ってちょっとニヤリとして突き放す樹ちゃんのSっ気にやられた。

そして何よりきょもほく強火でありがとう握手。

「コウモリとトリってなんか似てね?(にやにや)」なんて良いパス出して彼らがクチバシちゅっちゅしてる時にはお水ガバ飲みしてたと聞きました、はいしゃんぷーーー!!!!

樹ちゃんまじで1回お姉さんと飲み行こ??

ちなみにビクレのほっぺツンツン事件の時の樹ちゃんの反応が知りたいので見てた方いたら教えてください。切実。

ソロのRapも爆モテすぎて15000人抱いてた。

あの鉄骨の櫓は樹ちゃんだけのために出てきたのかな??だとしたらヤバいね??

「スタッフさんにありがとうって言って帰ってね」って一言に、樹ちゃんの気遣いが見えました。

こりゃスタッフさんにも愛されるよ。間違いない。

 

ちなみに樹ちゃん、ペンラはまず白く光るので一斉に赤にするのはなかなか大変でしたよ、可愛いね。(は

 

慎太郎🐻

短髪最高。おかげでどちゃくそ顔が良い。

Jungleでの舌なめずり、アレ、なに????

えっ、まだ20歳だよね????抱いて????(やめ

ぶれそーの和太鼓も性癖くすぐられまくり。

しんどい of しんどい。

しかし喋りだすと誰も止められないし理解できないボケを連発して分かりやすく暴走しちゃうあたりやっぱりヤンチャ坊主で、楽しいねぇメンバー大好きだねぇ可愛いねぇよちよちと甘やかしたくなるBBA…やたら連呼してた「大根より生姜でしょ〜?!」ってアレなに…

そしてやっぱり私は慎太郎のダンスがたまらなく好き。

全身を使った、靭やかかつガツガツしたダンス。

ソロでやった『V』ではまさにその慎太郎のダンスがたっぷり堪能できて、きょもじぇをバックにつけて踊るスタートから、メンステでの映像とリンクしたダンスに繋がってくまで、全部がすごく慎太郎らしくてキレイで好きしかなかった。

f:id:jwst:20180415013626p:image

もちろん、甘い歌声もピッタリで、かつ、あとから調べてみたら歌詞がエモすぎてね…

 

"手を繋いでいてよ ずっと

大喝采浴びたくて

華やかすぎる舞台(ステージ)の上

華やかじゃない位置にいても

 

振り返らず 前に進もう

もしまた迷っても向こうへ

大袈裟なことなんかじゃなくて

君がいるから大丈夫

いつでも 今でも 君が僕等の軌道"

 

小さいときからこの世界にいて、華やかな場所にもそうじゃない場所にも立ってきた慎太郎。

その慎太郎の、"ただ前に進んでいく、この仲間がいれば大丈夫"って決意表明のようにきこえたわけです。

 

軽率に抉らせた。すき。(きょも担)

 

 

ほっくん🕊

なんというか、いつも怖いもの見たさでチラチラ気になってしまうのがほくぴなんですけど。

見事に横アリのオンナ抱いてましたね…色気がさ、おかしいよね、ダダ漏れだよね…

じゃぽラスサビ前の後ろ反りとか、あれ何回見てもめちゃくちゃえっち。1人だけ反り方おかしい。

所々18禁すぎてお姉さんドキドキした。

『あやめ』が始まったときの歓声がすごくて、もう少し『茜空』の余韻に浸っていたかった私は思わず「お前かよぉ…!」って呟いてしまったくらい←

シゲアキさんの世界観を完璧に再現してたし、何より大切そうに持ってたあやめの花をおもむろに力いっぱい地面に投げつけた時にめちゃくちゃゾクっとした…

それでいてある時はワン子なのズルくない…?

ワタシ的にすごくツボだったのが、増田先輩に名前イジりされたときの「いますよね、松より北が先に来ちゃいましたみたいな人!(ニュアンス)」って返しで、結局最後までまともに名前呼んでもらえないほくぴ可愛かった。

あとジェシー警察に捕まりがちなほくぴ。

未だにジェシー警察ってちょっとよく分かんないんだけど…w

ほんとはメンバー大好きなクセにまだ距離感めちゃくちゃあるアピール貫くとこも可愛い。

大我ちゃんに迫られると特にタジタジになっちゃうの可愛いよね、はいはいきょもほくきょもほく。

アンコのビクレで逃げ場を失って結局大我ちゃんにほっぺつんつんされてでも満更でもなさそうなほくぴめちゃくちゃ可愛かったよワン子だったよはいしゃんぷーーー!!!!

f:id:jwst:20180415014116j:image

あとあと、アメと鞭が上手。

スタトロタイムでスタンド組に「待たせちゃってごめんね」ってすーぱー甘い声で話しかけたと思ったら、ファンサタイムはいはいって空気になってるセンター&アリーナ組に「下のほうサボってんじゃねぇぞーーー💢💢💢」って、一瞬でもサボることを許してくれない感じたまらんでした帝王様。

からの、ビクレのバキュンバキュンのとこで最後オンナたちに"撃って!"ってアクションして撃たれてウッ…ってフリして嬉しそうに笑ってたの何アレ可愛かった…尻尾見えた…🐶

ダブルアンコのこの星〜で「時が止まれば良いのにね〜!」ってほくぴが言ってくれたのが私は嬉しかったよ…楽しかったねまた絶対やろうね…

 

次回はぜひほくぴから大我ちゃんに絡んでってください。これ宿題ね。

 

大我ちゃん🦇

スクリーンにドーンって映った瞬間にヤバい顔が良いって叫んだ。

f:id:jwst:20180415014233p:image

え、美しすぎ、やだ、無理、カッコいい、好き…って私の語彙力一瞬でどっか飛んでった。

隣人に「え、あれ人間?生きてる?」って何回も言わせる大我ちゃんの顔面の破壊力よ…まじひれ伏す…

2回目のJungleで檻をバーーーンって蹴り倒すアレもやばかった大我ちゃんにオトコを感じてしんどかった…いや元々オトコなんですけどね…

恋ヴァ期間のおかげか声の伸びがいつも以上に良くて、どの曲も音をほとんど外さない安定感はさすが。

中でも『茜空』は本当に本当に最高でした。

ピンク色に染まった会場、夢に見た横アリで、大我ちゃんがステージにたった1人、ギターをかき鳴らしながら、少し目を潤ませて、尊敬する先輩との合作を堂々と歌い上げてる姿は、もう一言じゃ言い表せないくらい胸が熱くなった。

しかも最後に"いつもありがとう 大好きです♡ きょも"って手書きのメッセージがスクリーンに映し出されて、テレ屋な大我ちゃんのハニカミ笑顔と粋な演出に泣いた…

f:id:jwst:20180415014912j:image

すぐほくぴのあやめの大歓声に持ってかれたけど…

ジェシーちゃんとの『Why』も素晴らしかったなぁ。

センステに移動して向かい合ったとき、私はジェシーちゃんの背中側にいたから大我ちゃんのお顔がよく見えたんだけど、真っ直ぐジェシーちゃんを見つめながら歌ってて、そのお顔がキレイすぎて釘付けになったよね…

最後はペコリとお辞儀して笑い合ってて、そのお顔がすごく楽しそうで幸せそうで、音楽で強く結ばれたきょもじぇの絆が尊すぎたし、大我ちゃんにはずっとずっと歌い続けていて欲しいと強く思ったのでした。

f:id:jwst:20180415014303j:image

らぶじゅの妖艶さは本当に本当にヤバかった…

少年たちで大我ちゃんの半裸は何回も見てきたけど、華奢でまっちろつるりんこだからいつも「大我ぼっちゃん…ダメです…貴方様は脱がずとも美しいです…今すぐお召し物を…」ってなんかちょっと恥ずかしくなっちゃってずっとは見てられなかったのです正直。(例え方

でも今回のらぶじゅは、身体つきが大きく変わってたわけではないのになぜか大我ちゃんから目が離せなくて、ネクタイ咥えさせられて気怠そうに座ってるとこなんてもうたまらなく妖艶でカッコよすぎて魂吸いとられましたアーメン。

かと思いきやMCやコントはニコニコ大我ちゃん可愛すぎやん?!

恋ヴァのゲネプロにみんなが来てくれた話のときの大我ちゃんまじで可愛すぎたよね?!?!

『あと10分で会えるね』って彼女みたいなメールしといてカテコまで5人を見つけられなかったとかなんなのオールカワイイやん…負けた…(何に

黒ーんずのナイトメア京本ちゃんは元気よく盾を掲げて「ぼーぎょたんとー!!」そうね武器なんて持たなくて良いよ闘わなくて良いよよちよち…

慎太郎の武器の棍棒見てお目々キラキラさせて「サイコー!!」とお手手ぱちぱちしてたのも天使だった…(天使フィルターかかりがち

そしてね、きょもほくですよ。

大我ちゃんほくぴ大好きやん。知ってたけど。

樹ちゃんのパス受けてすぐほくぴのほう見たと思ったら、えっ、パタパタしてる、やだ、可愛い、えっ、近い、近い、わ、クチバシ出てきた、まさか、まさか…ちゅっちゅしたぁぁぁ😭

f:id:jwst:20180415014950j:image

隣の北斗担と抱き合いました。

それだけでお腹いっぱいだったのに、次の事件はアンコのビクレで起きる……

スタンド歩いててふと止まって振り返ったと思ったら、ほくぴ見てる…え、呼んでる、呼んでる、なに、何するの、え、え…ほっぺつんつんしてるぅぅぅ😭

隣の北斗担と抱き合いました。(2回目)

大我ちゃんオンナたちの需要分かりすぎてる。ズルい、ズルすぎる。

なんの曲か忘れちゃったけど、スクリーンに大我ちゃんドーン映ったと思ったら全力の両手投げちゅーしてそのお顔がとてつもなく天使で可愛くて美しくて死ぬほど叫びました…

ファンサ恥ずかしくてできませんタイプの大我ちゃんにそういうことやられるとほんとに心臓持たないからやめてほしい…いやもっとくれ…

Amazing!!!!!!終わりにおもむろに羽をひとつ手にとって、そのままBeautiful Life歌ってて、彼がなんでその行動をとったのかはよく分からないけど、目の前のリフターで羽を片手に『未来へ急げ』って歌う姿はとにかく眩しくて美しくて…

その羽でどこまでも上へ上へ羽ばたいて行ってほしいと切に願うのでした。

 

 

 

 

 

ほんと、ただの感想文。笑

 

 

 

でもね、本当に本当に素晴らしいライブだった。

こんなに満足感のあるライブは久々だった。

 

6人の自信と、もっともっと上に行ってやるって気迫がすごくて、息をつく間もなくて。

セトリの流れもデビュー組に匹敵するくらい完璧で、先輩の曲を自分たちのカラーに染め上げてしまうのもさすがで、贔屓目かもしれないけど、非の打ち所がなくて。

オリ曲のRemixなんて圧巻だった。

勝ったな、って思った。

 

彼らが全力で魅せてくれるから、私たちもそれに全力で応えたくて、あの一体感が生まれたんだと思う。

開演前やアンコ前のSixTONESコール、ソロコーナーでのペンラ芸、優吾とのぶれそー、慎太郎とのざいまーーーす、じゃぴなの樹コール、ジェシーちゃんとのあめーじんぐ、お別れのズドン、そして規制退場のアナウンスの中での最後の拍手喝采。

15000人の声やアクションがあんなに揃うなんて…客席から見てても凄かった、震えた。

私たちの想いも、少しでも彼らに届いてたら嬉しいな。

 

 

 

MCでキンプリのデビュー日を紹介して「じゃあ俺らは22日にしよっか」って言ったときのあのオンナたちの歓声、あれは本当に横アリが揺れた。

あまりの大歓声に彼らもびっくりしてたみたいだけど、SixTONESのデビューは私たちの心からの願い。

絶対に叶えてほしい夢。

 

でも、SixTONESのゴールはデビューじゃないもんね。

国民的、世界的なスターになるんだもんね。

 

「もっとでっけぇとこ連れてくから!」


その言葉をずっと信じています。

また一緒にこの美しい景色を見ようね。

f:id:jwst:20180331145610p:image

 

楽しくて幸せな時間をありがとう。

だいすきです。